Kyushu Art Gate 九州アートゲート

Archive for 4月 2011

  • In: PRESS
  • 九州アートゲートの、ロゴです はコメントを受け付けていません。

告知ブツなどに入れていきます
制作はクルールの大村政之さんです

「博多アートステージ」は「九州アートゲート」プロジェクトのメイン企画であり、主に九州の作家にスポットライトを当て、アミュプラザ博多3F吹き抜け(センターコート)に作品展示をおこなうものです。
初回企画にあたり、鹿児島出身で現在福岡を拠点に国内外各地で活躍する美術作家・藤浩志さんのインスタレーション作品を展示します。

===============

■アーティスト
藤 浩志(ふじ ひろし)
美術作家 1960年生まれ
鹿児島県出身、福岡県糸島市在住。京都市立芸術大学卒
国内外各地で多数のアートプロジェクトを企画。
エコロジー的視点の「かえっこ」プログラムなど社会とアートの仕組みを考える作品やプロジェクトを制作しつづけている。
*作家公式サイト
http://www.geco.jp/

■展示会場
アミュプラザ博多3Fセンターコート
(福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ)

■展示プラン
タイトル「飛龍-青森からの旅-」
○青森ねぶたに出品された「菅原道真」モチーフの大型ねぶたの廃材(針金と和紙)を再構成し、博多駅に飛龍となって登場する
○ふきぬけをのぼる龍のイメージ
○主な素材は針金と和紙
○針金での龍とともにおもちゃのリングや鳥をつりさげる計画

〜2010.11月制作されたイメージドローイング
hakataDragonPlan101130

〜2011.4月制作中の作家
Fuji Hiroshi

※画像の二次使用はご連絡ください

■展示期間
2011年 5月13日(金)〜6月30日(木) ※予定
(アミュプラザ博多の開店時間に準ずる。原則10-21時)
無休

■会期中のイベント
○アーティストトーク
 会場:アミュプラザ博多3F  センターコート(予定)
 日時:5月14日(土)14:00~(予定) 参加無料
 藤 浩志+日沼 禎子(女子美術大学 准教授)

〜日沼 禎子(ひぬま ていこ)
女子美術大学 芸術学部アート・デザイン表現学科 アートプロデュース領域 准教授
1969年生まれ。国際芸術センター青森(ACAC)学芸員、ARTizanプログラム・ディレクター、空間実験室実行委員長(2005年~)を歴任し、現職。
※プロフィールは artscape記事より引用 http://artscape.jp/dictionary/author/1192009_1827.html

○関連イベント 「かえっこ」プログラム開催
 会期: 6/11(土)-12(日)
 会場:JR博多シティ屋上つばめの杜ひろば

===============
記事中 敬称略
更新情報 2011.4.20 20:19 トーク情報追加

  • In: JR HAKATA CITY | PRESS
  • 九州アートゲート、3企画の概要 はコメントを受け付けていません。

JR博多シティでの 九州アートゲートプロジェクト

九州・アジアをアートでつなぐ
博多駅をアートのゲート&ステージに
九州アートツーリズム構想

<1>メイン企画「博多アートステージ」
駅ビル内に大型作品発表。晴れ舞台

アミュプラザ博多3Fセンターコート
メイン企画
年3回1ヶ月半程度
テーマを設定
商業空間に合う作品
同時代アートを展示する
※基本的に九州在住作家
(九州外も考慮)

<2>次世代育成「博多アートアクト」
 イベントスペースでの若手作家発表

「アミュ地下キューブ」での若手アーティストたちによる発表の場
福岡、九州各地の作家たちが参加。各回ディレクターを想定。(アート、デザイン、映像など)
作り手と市民が交流する。
会場の特徴を考え、展覧会というより、プチアートマーケットとして特徴づける。
(次世代の美術市場を開拓する)
→平日を含む開催としてビジネスマンやOL層にアピール。
定期的に開催し企画の定着を図る

<3>毎秋開催「九州沖縄アジアアート観光ウィーク(仮)」
 九州・沖縄・アジアのアート観光を促すイベント
※構想中
※会場を屋上から館内各所へ変更

  • In: JR HAKATA CITY | MESSAGE | PRESS
  • 九州アートゲート・はじめに 2010.6月企画書より はコメントを受け付けていません。

2010 6 18作成テキストより

九州アートゲート
〜博多駅を九州とアジアのアートをつなぐ玄関(ゲート)に

 長年待たれていた九州新幹線が2011年春、ついに開通する。博多と鹿児島が1時間半前後で繋がる。九州の各地を短い時間で行き来が出来るようになり、相互のつながりは新しい局面に入る。「九州」という地域へのイメージが強く喚起され、九州のそとからのお客様を「九州全体でもてなす」スタイルが生まれてくる。

 海を越え、アジアからの文化を受け入れてきた歴史をもつ九州。しかし九州内の各地域は独自の文化風土をもち、近年は東京など「中央」との交流はあっても、九州内相互の繋がりは意外に少なかった。隣の県でおこなわれている出来事より、中央のニュースが入りやすい。これはアートのジャンルでも同じで、よく似たアイデアでイベントをおこなっているのに、互いに知らないということがしばしば見られていた。

 さて、そのアートの世界では21世紀に入り、アジア発のアートが世界で大きな注目を集めるようになった。端緒をつけたのは福岡アジア美術館である。九州各地ではアーティストたちが企画の中心にいるプロジェクトが活発化し始めた。自主運営スペースが多い福岡をはじめ、北九州や大分別府では2−3年ごとに大規模な国際芸術フェスティバル、熊本では毎月アート市場、佐賀有田や鹿児島桜島でもまちと結びついたアートプロジェクトが開催されている。いわゆる大都市でない地域でアート拠点が増加し、アーティストが滞在制作することで横のつながりが生まれている。そのつながりはアジアまで拡がっている。この状況を束ね、「九州アート」というまとまりとして見せることが可能になりつつある。

 九州各地で開催されるアートイベントに参加して、作品だけを見て帰る客は居ない。必ずまちを歩き、名産を味わい、温泉に入り、山を見上げ、お土産を買って帰る。その一連の行動が九州のアート体験となる。(九州アートツーリズム)
 この、九州アートツーリズムの入り口(ゲート)として博多は重要な位置を占める。東京、関西、海外の客の多くが博多を経由して九州へ出入りする。古くから外来文化の受け入れを喜ぶ土地柄であるこの博多で、新しい駅のオープンとともに、新しい芸術に出会う場をつくる。
 九州の「産地直送」アートを展覧するだけでなく、直売できるような仕組みも考える。商都博多として、活きのいいアートを楽しめる場を創造する。

 アートが生まれ、存在する場は、ひとびとのアイデアが弾ける場である。博多の歴史と特徴を生かし、将来のまちの姿を描く「九州アートゲート」(仮称)プロジェクトを提案する。

九州アートゲート プロジェクト
九州とアジアをつなぐ アート拠点としての博多駅
〜東日本大震災をうけて〜

緊急アピール
東日本大震災を経た未来へ

2011年3月11日に東北太平洋沖を震源とした歴史的大地震は、揺れによる破壊だけでなく、津波そして原子力発電所事故により甚大な被害をもたらした。この災害により、われわれは近代以後の科学技術や生活文化について見直すことを余儀なくされ、さまざまな価値観の変化がこれから始まっていくだろう。

変化の兆しは、ひとりひとりの心の奥にあり、鋭敏に感じ取るアーティストの手によって作品に現れてくる。多くのひとが行き交う駅で作品が発表されることは、制作するアーティスト側にも広い視点をもつきっかけになる。「九州アートゲート」は、ひとびとの心に新たな希望が生まれることを祈って、プログラムを企画してゆく。

九州新幹線全線開業前日に発生したこの大きな災害を悼み、癒し、未来へ向かうために、プロジェクトの内容などを一部修正した。

(2011年3月24日)


CALENDAR

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

kyushuartgate twitter

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。